印花樂 in Blooom

「印花楽」は、2008年に設立された台湾人デザイナーによるファブリックブランドです。
会社(スタジオ)と直営店舗第1号は台北市大稲埕の迪化街に位置し

近くに「永楽市場」という布地を扱う商店が集まる伝統的な市場もあります。
 

「日常生活にまつわる創作」をモットーに、今でも台湾の街中で見ることが出来る古い窓ガラスやタイル、

ブロックの模様や、様々な形の窓格子、そして、台湾固有の鳥「台湾ハッカチョウ」など、

台湾の文化に根差したカタチからインスピレーションを得て、新たなデザインエッセンスを生み出しています。

そうして生み出されたパターンデザインをファブリック製品や日常用品と組み合わせることで、

特色の有るライフスタイルを自由自在に創造しています。


 「印花楽」はすべての商品開発を自社で行っており、

オーダーメイドによる別注品の制作、およびハンドプリント体験教室などさまざまな活動を行っています。

台湾では台北の他に高雄にも直営店舗を開いており、台湾国内の多くの百貨店でも商品の取り扱いがあります。

台湾での販売ルートは約40店舗、日本、香港などの海外のデザインショップでも販売しています。
また、台湾国内で一番大きな販売ルートでもあります、「誠品書店」と協力し、

台湾が生み出した文化を活かしたライフスタイル作りを提案しています。

印花樂の制作グループ

「印花楽芸術設計有限公司」は創作に情熱を傾ける3人の仲間が集まり、2008年に共同設立されました。
現在のスタッフ数は約20名。みんなまだとても若く、クリエイティブなアイディアにあふれており、

いつも楽しい雰囲気に包まれながらデザイン制作や商品開発を進めています。

「印花楽」の商品は30年以上の歴史を持つ台湾の現地工場で生産されており、

品質を保つ為に細かなところにまで気を配り、安心できる商品作りに共に取り組んでいます。

 

デザイン理念

「印花樂」はブランドが持つ、ソフトでポジティブなデザインイメージを通して、

印花樂の考えるブランドメッセージ「環境保護や生態系の保護、人々の生活における価値観の再確認」を

伝えたいと考えています。

印花樂のデザインは台湾の自然環境や生活を観察する事からインスピレーションを得ており、

シンプルな線とパターンの配置による構成、細やかで豊かな配色の生み出すデザインは、

モダンな中にもどこか懐かしさを感じさせます。

性別や流行にとらわれず、そして、時間が流れても色褪せない、

いつまでも人々に愛されるデザインを創造したいと思っています。

パターンの物語

「印花樂」の布に施されたパターンデザインは、台湾の生活と生活に息づく昔の記憶からインスピレーションを得たもので、

独特な配色を行った、懐かしさと新しさを併せ持ったデザインです。

このホームページに掲載されている写真・文章などの無断掲載を禁じます。

Copyright (C)  2015 ayaotobunsou LLC. All Rights Reserved.  合同会社 彩音文創

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon