+10 ten more socks

2012年末、台湾で靴下のブランドとして「+10」は創立しました。

「あなたがどんな宇宙観を持った人であろうとも、日々の生活のディテールに気を配ることで
自分自身で世界をもっと広げ、深めることが出来ます。」


「+10」は美しいイマジネーションと優れた品質を生活用品の中に取り入れます。
 

常に、大いなる自然の営みと自然が織りなす風景から創作のインスピレーションを得ています。
ブランドの特徴としては、素材を使いこなすことで現れる豊かな表情と
新鋭のデザイナーと伝統的な靴下製造技術とのコラボレーションによる、絶え間ない商品開発が進められており、
冒険心とその中に潜む遊び心で世界を切り開いて行きます。

自分たちが生まれ育った土地を観察し、愛するだけではなく、

いつもカメラを手に、街中の市場から高い山の森の中まで分け入り、

街角のコンビニから海辺まで駆けて行き、季節ごとのイメージを撮影し

そのイメージを一つ一つ靴下を織り上げる中に込めていきます。

 

また、この様にして撮影したイメージは

「+10」のブランドイメージをはっきりと形作り、特徴あるものにしています。

台湾では70ヶ所以上の取扱い店と、6ヶ所以上のネットでの取扱いがあり、

毎年平均して2回、コンセプトストアをオープンしています。

 

また、ジャンルを跨いだコラボレーションも多く視野に入れており、

2014年には「松山文創園区」と共に限定商品を製作しました。

松山文創園区内にある様々な要素を元に、靴下のデザインを起こしており、

現在は建築と植物をコンセプトとしたものが有ります。

その他にも、多くのコラボレーションを手がけています。

 

2016年に発表した「驚蟄3/4襪」は長期計画で商品コンセプトを考えており、

毎年、二十四節気の3番目、啓蟄の時期に土の中からもぞもぞと這い出す動物を刺繍し、

新しい靴下のデザインとして発表することで(2016年は台湾固有の玉虫を刺繍しました)、

「春がやってきた!」ということをみんなに伝えるというコンセプトです。

 

さらに、ブランド創立時から重要視していました子供用靴下についても、

今後商品数を増やし、ラインナップに占める比率を上げていきます。

このホームページに掲載されている写真・文章などの無断掲載を禁じます。

Copyright (C)  2015 ayaotobunsou LLC. All Rights Reserved.  合同会社 彩音文創

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon