• ayaoto-creative

布菈瑟 Blossom に行ってきました


印花樂園道店から少し南に歩いていくと、「審計新村」という場所にたどり着きます。 その一角に「布菈瑟 Blossom」があります。 「審計新村」は昔の行政区分における監査部の職員達の宿舎が打ち捨てられていたものをリノベーションして・・・、印花樂園道店のある綠光計劃と同じような経緯ですね。 実際、最近の台湾は古い建物をちょっとオシャレに再利用することが多いですね。 布菈瑟さんはシンプルな中にも鐵窗(上の写真のような鉄格子)のモチーフを組み入れた製品を作っておられ、前から気になっていたブランドでした。 実は以前行こうとしたらその日は定休日だったという事もあり念願叶っての訪問でした。

お店はこじんまりとした可愛い作りですが、いたるところにこだわりが見えます。

照明がヤカンで作られてますね!

おなじみ花海棠柄の型押しガラスを使って作られた展示ケース。

お店の人に話しかけられたので、日本で台湾の雑貨を扱っているものでして、興味があって見に来たんですとお話すると、その方は社長?、つまりは製品を作っておられる方の一人でした! 丁寧に商品のコンセプトを説明していただきました。

そんなに多くない人数で作っていらっしゃるということで、展示の中にも写真だけ置いてあって 「売り切れちゃったので現在製作中!」と書かれているものも。 鐵窗のデザインが繊細に切り出された紙製の装飾も全て手作りとのことでびっくりしました。 上の写真は鐵窗の一部を切り出したように作られた焼き物の箸置き。元となる鐵窗を知っているとなるほど納得の出来栄え。キレイなものと古びを付けたものとがあります。

大きな一枚の鍋敷きとしても、それぞれ切り離してコースターとしても(4枚が磁石でくっついている)使えます。鐵窗の向こうに映る風景を色違いのシルエットで表現している素敵なアイディア。 他にも、色んな形のお皿やクリップ、マスキングテープなど鐵窗のデザインを組み入れた様々な商品が展示されています。

包装にも心遣いとこだわりが! お店の名刺は鐵窗のデザインがくり抜かれていて、なんだかもらって嬉しい名刺です。 審計新村には他にもおもしろそうなお店があったり(有名な三時茶房も来ています)、マーケットが開かれる時もあります。まだまだお店が増える様子だったので今後も楽しみなところです。

布菈瑟 Blossom - 鐵花窗生活設計 台中市西區民生路368巷4弄8號

#台中 #台湾

66回の閲覧

このホームページに掲載されている写真・文章などの無断掲載を禁じます。

Copyright (C)  2015 ayaotobunsou LLC. All Rights Reserved.  合同会社 彩音文創

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon