• ayaoto-creative

台湾文博会2019 ~その2~


今年の文博会は華山会場のコンセプト展示が結構良いよ!という人が多かったので、時間の自由もきいたのでバイヤーデイの間に足を伸ばすことに。

お茶をテーマにした展示があり、お茶の木(苗?)の実物の展示や実物を使ったお茶の加工工程などをデザインと絡めて見やすく、楽しめるように展示されていました。回転寿司のレーンで流れる色んな茶器の展示は正直微妙でしたが。 他にも流れる映像を真似して動くと即座にキャプチャーしたキャラクターの動きで見せてくれる展示(途中から逆立ちやら無茶振りが入ってくる)や、可動式のすだれのようなスクリーンにダンスの映像を投影して、ダンスの動きに合わせてスクリーンを動かして見せるなど、工夫をこらした展示は楽しめるものでした。

そして、華山に最近OPENした「未来市」というブランド毎のスペースで区切られた雑貨の販売スペースに行ってみました。1m四方程しかないスペースでいかにブランドの特徴を展示として見せるかという、勝負の場でもあるように見えましたね。この写真は「offoff theatre by gu siaoyin」のスペース。素敵な刺繍入り靴とブローチが可愛らしい展示でまとまっていますね。

覓研MIYEN」は有機的なデザインのアクセサリーが特徴ですが、標本のように閉じ込めた見せ方がとてもマッチしています。台中国家歌劇院の中の展示ではそんなに特徴的には感じなかったのですが、ここの展示はとても目を惹きます。

文博会から戻ってすぐに始まるあべのハルカス近鉄本店の催事で出展することを決めていた、「PPPPPINS」もここで初めて実物と遭遇!可愛いピンズは今回台湾でたくさん見かけました。

#臺灣文博會 #未来市 #offofftheatrebygusiaoyin #覓研MIYEN #PPPPPINS

56回の閲覧

このホームページに掲載されている写真・文章などの無断掲載を禁じます。

Copyright (C)  2015 ayaotobunsou LLC. All Rights Reserved.  合同会社 彩音文創

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon